フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっぱりアタシは晴れ女\(^o^)/ 【鉄砲木の頭】 | トップページ | レインウェア要らずの【百蔵山】 »

マイナスイオンいっぱい(^^) 【高指山】

Imgp0934

鉄砲木の頭(別名・明神山)を出発して切通しを抜けて高指山を目指します。
途中は地図とコンパスを見ながら地形の確認方法を教わり、猪や鹿の痕跡、植物の説明を受けます。【ぬたば】と言う、猪などが身体を地面にこすりつけて寄生虫などを落とした場所を始めて見ました。ただし、そういう場所は虫が多いのであまり近寄らない方が良いそうです^^;

Imgp0921 切通しはあまり高低差が無く、マイナスイオンたっぷりの森の中を歩くので気持ち良いです(^^)

でもこのスクールは歩きながら写真を撮るとか、ペットボトルを出すというのは禁止なので(後ろのペースが乱れるし、落としたりすると危険な為)立ち止まって説明を聞く時に素早くカメラを出してシャッターを切らないといけません^^;

Imgp0923

それは前もって聞いていたので今回はハイドレーション・システムを購入しました。リュックに水のタンクを入れたままチューブを口元にセットしておいて、歩きながらでも水分補給が可能なグッズ。かなりの優れモノです(^^)v でも残りの水がどれくらいなのか?確認出来ないのが難点でもあります。
まぁ確認できたところで富士山とは違って山小屋や売店、自動販売機なんぞありませんから無くなっても買えないんですけど^^; 

Imgp0928道は東から北に向かい、そしてまた東に曲がる…はずなんですが下を向いて歩いていると曲がった感覚がありません^^; 方向だけじゃなくて地形や高低差も地図から読み取る大切さを教えて貰いながら切通しを歩きます。

鉄砲木の頭から約1時間。切通しが終わり、高指山の登り口に差しかかる所で休憩。
ここではトイレ休憩を兼ねています。もちろんトイレはありませんので【お花摘み】と言うことですが、まだそれをやる勇気はありません^^;

Imgp0938 休息後は高指山への登りが続きます。山梨県と神奈川県との県境の大きな看板があり、神奈川県に入った模様。かなり勾配がキツイ感じですが40分くらいで山頂に到着。晴れていたら富士山が見えるとのことですが、霧の中で景色は見えません^^; 残念です(>_<)

山頂でコーヒーと特製パウンドケーキを頂きました(*^^) 後はパックのゼリーとチョコを少々。添乗員のT君は1日でおにぎり9個食べたこともあるそうですが、逆にガイドのNさんは食べるとお腹が痛くなるので、山では食べられないのだとか^^; 人それぞれですな。

因みに私はおにぎりとかは食べられない(入っていかない)タイプなので、食べてもパウンドケーキやバウムクーヘンくらい。ゼリー飲料が主な行動食になります。

下りは歩き方に注意してましたが、落ち葉でも滑ったりしないんだなぁと実感。下りはかなり速い感じがしたんですが、これは後でガイドのNさんから説明があって
「登りや難しい場所はゆっくり慎重に歩くけど、単なる下りはゆっくり歩く必要は無いと思っているので速くなります」との事。まぁそうなんでしょうが、初心者にとっては速さの違いがあまりに大きいので『何で?』ってなるんですよね。

Imgp0943 15:00 別荘地を抜けてバスの待つ場所に到着。ストレッチをして、靴ひもを緩めた時の注意を聞きました。
その後は山中湖の日帰り温泉施設【紅富士の湯】へ。富士登山の時とは違う温泉施設でしたが、こっちの方が大きくて綺麗(*^^)v 露天風呂にサウナもあるし、それなりに人も多いんだけど、食事やお土産も充実してて断然こっちの方が良いなぁ(^^)/

汗を流してさっぱりした後は【巨砲ソフトクリーム】を食べて満足(o^-^o)
帰りは渋滞も無く、予定より早い時間に横浜駅に到着。

登山に対して色々な知識を得たし(まだまだ少しだけど^^;)興味も湧いたし、ますます楽しみが増えました(^.^) 

今回、靴ずれパッドを予め貼っていたのが幸いした…と言うより靴ひもの締め方が良かったのか豆は一つも出来ず、翌日の筋肉痛もたいしたこと無く終わりました(^^)v

« やっぱりアタシは晴れ女\(^o^)/ 【鉄砲木の頭】 | トップページ | レインウェア要らずの【百蔵山】 »

散歩 旅行 ハイキング 登山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27052/49762522

この記事へのトラックバック一覧です: マイナスイオンいっぱい(^^) 【高指山】:

« やっぱりアタシは晴れ女\(^o^)/ 【鉄砲木の頭】 | トップページ | レインウェア要らずの【百蔵山】 »