フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

忘年雪山山行! 料理は美味でした(^^)v【天神平その1】

Imgp1254

1年の締めくくりは忘年会ですが、そこは登山スクールですので街の居酒屋さんでは無くて当然山^^;それも雪山!!(゚ロ゚屮)屮 とは言っても山中での忘年会では無く(まだ初心者のひよっ子集団ですのでそんなことは出来ません)雪山を体験してみて、夜は旅館で忘年会(^^)v

好日山荘のバーゲンでマムートのフリースとファイントラックのボトムを買ったので、今回のレイヤードはファイントラックのアンダーにFoxのミドルとフリース。ボトムの下はCX-Wのタイツは締め付けにより足が攣るという話しを聞いたので、発熱タイツにしてみました。

今回の集合場所は新横浜駅。新横浜には良く行きますが、始めての集合場所なので少し早めの出発。

そうそう、それに今回はストックとアイゼンという新しい武器^^;も持参しているので荷物が多いですね。

基礎クライスと中級、上級クラス合同なので、貫録のある上級クラスに対してなんとなく居場所に困ってる風の基礎クラス組^^; 添乗員はT1君とI軍曹、それに新人のU海さんの3人。ガイドさんは親分S田さん、N方さん、H女史にS本さん、それと私は始めましてのK本さん。

基礎クラス20人に対して上級は27人の参加で新横浜を出発。天気は上々(^^)v
三芳SAに着くと富士山が見えました。赤城SAで最後の休憩を取って山行準備。

続きを読む "忘年雪山山行! 料理は美味でした(^^)v【天神平その1】" »

パワースポットは渋滞登山^^;【筑波山】

Imgp1220

12月の日帰り山行の日程は無かったので、「それなら自分でどこかの山へ登ってみようかな?」と思ったんです。富士登山の前に練習用に登ろうか?と思っていたのは大山ですが、登山教室で色々と教えて貰っていたら、逆にまだ一人で登るのは無謀な気がしてきました^^;

そんな訳でちょうど日程的にも良かったのでツアーで【筑波山】に登る事にしました。やっぱりね、沿線の駅からバスで出発、現地まで連れて行ってくれて、登山ガイドも居て、帰りは日帰り入浴も出来てまたバスに乗ってれば連れて帰ってくれるというのは安心だし気軽です(^^) まぁこればかり続けていたら登山してるとは言えませんがね^^;

サーモスの山専ポットにお湯を入れ、それとは別にコーヒーのポットも持ったんですが今回は買ったばかりのチタン製カップとスタバのVIAを持ちました。
前回の三方分山で休憩中にカップに粉末コーヒー入れてポットからお湯を注いで飲んで居た人を見て『そっか、カップはああいう風に使うのか!』とやってみたかったので(笑)

8:15に横浜駅の天理ビル前に集合。いつもより1時間も遅い出発は楽で良いです。向かう方面も違うけど、今まで乗ったバスの中でも一番小さいんじゃないかな?参加者は20人くらいで山岳ガイドが一人に添乗員が一人。この添乗員さんは百蔵山でもお世話になったKさんだたので少し安心しました。

最初の休憩は守谷SA。始めてのSAって何があるのかワクワクしちゃいます。お団子を3本買ってバスに戻ると、ガイドさんと添乗員さんが靴底がはがれてしまった人の修理をしてました^^; 靴底って本当にはがれてしまうんですね、ビックリです。

その靴の持ち主は当然初心者では無くて、でも低山だったから久しぶりに違う靴を履いてきたらこんな事になってしまって…と嘆いてました。私も靴2足買って使い分けようと思っているので要注意ですわ。

10:30頃に筑波山神社に到着して、班分け、ストレッチをするも人が多くてストレッチが出来る場所が無い^^; まぁ、だいたいの方は神社でお参りした後にケーブルカーで山頂へ上げるので山道はそんなに混んでいないだろう…

Imgp1196Imgp1197_4 お天気は上々だけど紅葉は終盤でした。ほとんど落葉した後で、落ち葉を踏みしめながらの登山になるなぁ…なんて思っていたものです。

続きを読む "パワースポットは渋滞登山^^;【筑波山】" »

貰っちゃった\(^o^)/

Imgp1346

欲しくて欲しくて、でも絶対に自分じゃ買えないかった物をクリスマスプレゼントに貰っちゃいましたo(*^▽^*)o

【ククサ】って言う木製のカップなんですけど、フィンランドの遊牧民族「サーメ人」が使用している白樺のコブをくりぬいてハンドメイドで作ってあるカップなんです。何で自分じゃ買えなかったかって言うと…

『このカップは贈られた相手に幸せをもたらすと言われているので、決して自分で買っちゃダメ』

って言われてるから^^; つまりね、大切な相手が居る人じゃないと貰えないカップなんですよ(ρ_;) と言っても出産祝いとか、我子への誕生記念、結婚のお祝いでもOKなので『大切な人=愛する人』じゃなくても良い訳なんですけどね^^;;;;

Imgp1347 最近、登山を始めて山の関係の雑誌を見ていたら見つけたんです。『へぇ~良いなぁ…でもくれる人居ないからなぁ(-_-;)』と諦めていたのですが、先日、アウトドアグッズのお店で実物を見てね、何て言うのかなぁ…木の温もりとか温かさとか、何とも言えない手触りとか…持っているだけで幸せになれそうな感じがしてね、思わず自分で買ってしまおうかと思ったけどそれも何だかなぁ…と思っていた所にだったのです(^^)

最初は塩味がするとか(白樺の木を塩水で煮て固くするため)クルミの油で磨くと風合いが出るとか(乾かない様にオイルを塗る)ネットで色々と調べてます。木の香りに癒されるぅ~(* ̄ー ̄*)

寒いフィンランドでは星空を見ながらウォッカを飲んで塩味がしたらOKなんて儀式があるらしいですけど、さて、私はこれで最初に何を飲もうかな?やっぱりコーヒーかな?

もちろん、登山のお供にするんですよ(^-^) どこの山にも一緒に行ってもらいますからね(^_-)-☆

いつかは岩登りも…

Dvc00060

富士山を上手に下りたかった…

そんな理由で入った登山スクールですが、初級クラスの最終目標は北岳、そして中級クラスになると槍ヶ岳を目指し、上級クラスは剣岳を目指します。中級クラスには「本格的な岩登り」も入ってくるし、上級クラスの剣岳登頂写真では皆さんヘルメット着用^^;

つまりはこのまま続けていくといつかは私も岩登り…ロッククライミングとやらをやるようになる訳で、初級ではその体験とロープ(スリング)やカラビナの使い方の講習があります。

山行でも無いけど机上講座でも無く、ロッククライミングが体験できる施設で行います。
集合場所は横浜線・淵野辺駅。この駅に来るのは人生2度目ですか…青学大のキャンパスが淵野辺に新設されてバスケットボールの記念試合を見に来たのが最初で最後でした。あの頃はまだまだ開発中でしたが駅前にずいぶんコンビニが増えましたね。

淵野辺駅から徒歩20分程で「ストーン・マジック」なる施設に到着。施設…というよりは倉庫でしが、中に入ってみるとそこには突起物の着いた見上げる壁・壁・壁…中には垂直を通りこして明らかに反り返ってるものもあり、これを登るには重力に逆らう事になるハズ…

こんな壁を私の小さい手がこの体重を支えられる訳はないっ!!!!と思っていたら我々がやるのはロッククライミングでは無く岩登りの入門と聞いて一安心^^;

本日も2班に分かれてまずは道具の説明から。今日使うのはカラビナとスリングと言う物。

カラビナは山道具屋さんでも何十種類と置いてあるし100均でも見かけるし、私のザックにも付いてるので馴染みがある…と思っていたら、洋ナシ型の大き目のものでゲート部分にひっかかりの無いスクリューゲートのものを…って今のは日本語でしょうか?意味が全く解りません^^;って言うよりもカラビナって大きさと色以外にそんなに色々な種類があるんでしょうか?

という訳でHガイドが持参した様々なカラビナを見せて頂きます。これだけ全て自分個人の持ち物ってどれだけ集めるの好きなんですか^^;

比べると確かに大きさ、形、キーロックタイプやスクリューゲートの意味も解りますが、果たしてショップで見比べて解るものでしょうか?参考資料に書いてあるものをそのまま買うしかありませんな^^;

続きを読む "いつかは岩登りも…" »

冬山練習にならなかった【三方分山】(^_^;)

Imgp1168_2

今年最後の日帰り山行。テーマは【冬の山歩き】です。冬山の寒さ対策は先日の机上講座でジックリ聞き、好日山荘のポイント4倍でバッチリ揃えましたからね(^^)/ それに今日は新しい登山靴の試し履きも兼ねているので秋山⇒冬山へ気分一新って感じです(^.^)

コーヒーはサーモスに詰めて薄手のアンダー、長袖冬用のアンダーアーマ、ストレッチ生地のミドルウェアで家を出たんですが、寒く感じます。晴れてるんですが早朝の寒さは冬ですね。登山口まではバスだから問題無いけど、もう1枚着ないとダメかも?

いつもの集合場所で待っていたのはT1君。ってことは添乗員はT1君だから隣の女性はガイドさんですか?女性のガイドさんは(山行では)初めてです。
参加者は40人でチーフガイドは始めましてのM崎ガイド、それにN方ガイドと女性ガイドは噂のI田軍曹でした^^; N方ガイドが良く「鬼軍曹^^;」と話題にしていたのでどんな人なのかなぁ^^;と思っていたのです。

Imgp1135_3 首都高からバイパスを抜けて東名高速に向かいます。秋の行楽シーズンですが、東名はスムーズに走って足柄SAに到着。2週間前よりも整備が進んでました。今回もミニクロワッサンのセットを購入したのですが、次回は醤油団子と胡麻おはぎを買おうっと(^^)

足柄SAの周囲は紅葉が綺麗で、天気も良いし今日の山行は楽しいぞ(^.^)とバスに戻るとM崎ガイドが怪我をした人の手当て中で出発が少々遅れました。山に着く前に怪我するなんて^^;

Imgp1140東名を御殿場で降りて河口湖方面に向かう道路は渋滞^^; 道の駅・鳴沢で荷物の整理、靴ひもを結んで準備をしたのですが、未だに靴ひもの結び方を迷ってる人やハイキングシューズの人が居るのにビックリ(@_@) 

精進湖の駐車場に到着してI田班に配属され準備運動と靴ひものチェック。気温は8度だけど風も無く、太陽がポカポカで「歩き始めは少し寒いくらいでちょうど良い」との事なのでこのまま歩く事にする。

Imgp1141 I田ガイドは女性だからなのか?細かい部分まで入念にチェックしてくれるので初心者にはありがたいと思う。駐車場から女坂峠、三方分山を見上げるとかなり高く感じるΣ(゚д゚;)自分の足だけであそこまで登るなんてとてもムリなんじゃないか?と思ってしまう。でも紅葉で綺麗な山をこんな良い天気の日に歩けるのだから頑張らなきゃo(*^▽^*)o

精進湖に背を向けて、民家の中を女坂峠に向かう。あちこちに《上九一色村》の文字を見かけて『ああ、ここがあのサリン事件で全国に有名になった村なんだ^^;』と始めて知る。諏訪神社は素通り^^; ご朱印帳は毎回持ってきてるけど一度も開いた事が無いのが残念。

Imgp1150登山道に入ると沢沿いを歩く事になります。沢と言っても水は無いのですが、丸太の橋を何度か渡ります。ここで丸太橋の歩き方を教わります。

落ち葉の下には浮石が隠れているのですが、足で探るような歩き方では泣く、真上から踏みつける様に歩く事を教わりました。勾配はさほど急では無いし、落ち葉の上を歩くので気持ち良いですが、暑いです^^; 冬山の歩き方のはずが寒さ対策よりも汗対策が必要な感じです^^;;;;

Imgp1151 夏なら木陰になっていたであろう場所ですが、今は葉も落ちて木漏れ日というよりは直射日光に近い感じの場所もあったりして、折り返しながら少しずつ高度を上げて行きます。急勾配と言う感じでは無くて緩やかな登りです。

途中、紅葉が綺麗な場所で立ち止まったり、柔らかな風を感じながら峠を目指します。

「峠らしい峠ですよ」と言われて『さて、峠の定義のは何だろう?』と疑問に思った次第。帰宅してから調べてみたら

Imgp1152(とうげ)とは、山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。なお、峠の片側にのみ大きな高低差があってもう一方の側が平坦に近いものを片峠という(日本での片峠の代表的な事例として→碓氷峠)。】

とありました。では峠と山頂の違いって何?^^;と謎は深まるのでありました。

続きを読む "冬山練習にならなかった【三方分山】(^_^;)" »

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »