フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

今日で3月も終わり…

2011.3.11(金)

その日は運転免許書の更新の為に最寄りの警察署へ向かった。

警察署までは徒歩で行かれるが、更新するには写真(¥700)が必要な上、後日の交付になるから平日に2度、警察署まで行かなければならない。
一方、試験場では即日交付で写真が不要だが、交通費が往復¥700かかる。しかも試験場までの交通費には駅から徒歩20分のバス代は含んでいない(´~`)。゜○

悩んだ末、近くの警察署に行く事にした。

AM11:00 警察署の近くの家電量販店にあるスピード写真で写真を調達しようと思ったら、同じ様な機械が2台並んでいて、片方は¥500、もう1台は¥700だった(-_-) 写真の種類、枚数、撮り直し可と全て同じ条件の機械なのに値段が違うのを2台並べる意味が解らないなぁ…と思いつつも当然¥500を選び、書類一式を持って警察署で手続きをしてビデオを見て終了。やっとゴールド免許に戻った(^^)v

PM0:15 良い天気だった。家電量販店を一回りし、隣のスーパーで日曜の山行のお供になるようなものは無いかな?とウロウロし、駅前のスーパーの割引券が今日までで2枚あることを思い出したので駅前に向かった。

PM1:30 駅前のスーパーで日曜の行動食やコーヒーを買ってレジに並ぶ。1枚の割引券を使った後すぐにもう1枚を使う為にレジに並ぶのは気が引けたので(小心者なんです^^;)近くのネットカフェでしばし時間をつぶすことに決めた。

PM2:00 ネットカフェ。水曜に見た『GANTZ』という映画が気になったので、原作を読んでみようとまず10巻までを手にして飲み物を運び、マッサージチェアに座り読み始める。
7巻まで読んだ所で飲み物が無くなったのでおかわりをするのに立ちあがったが、同時に小腹が空いた事に気が付いた。
こんな時間にガッツリ食べるのと夕飯が入らないし、でもパスタなら消化も良いし¥490ならたいした量でも無いだろう…明太子スパゲティーを注文した。

PM2:45 明太子スパゲティーを食べながら10巻に入った時だった。突然、めまいに襲われた気分になった。それが地震だと気が付くまでしばらくの時間があったのはズシンでもなければグラグラでも無く、ゆっくりと大きく揺れたからだった。その上このネットカフェ(2F)ではグラスの割れる音や本が落ちる音、人々が騒ぐ声がしなかった。揺れてる時間だけがやけに長く、そのうちにあちこちのブースから「地震?」「地震か??」の声が聞こえて従業員がパタパタ走りながら「非常口開けますか?」「一応開けておいてくれ」の声が聞こえた頃にはようやく揺れも納まった。

TVを点けると東北地方でかなり大きな地震があったことが解った。震度6強という数字があちこちで点滅していた。

『東北かぁ…結構大きかったなぁ…』と思いながらも揺れは収まったので、スパゲティーを食べながら10巻を読み終えたので本を戻して11巻~20巻を手にして再びブースに戻った時、2度目の揺れを感じた。今度も長くゆっくり大きく横に揺れていた。
透明なコップに入ったコーラはもう半分しか残っていなかったけど、縁からこぼれるかと思うくらい波打っていて、でもそのコップが倒れるとは思わず、その揺れをじっと見つめていた。

TVではJR東日本の全線が止まっているテロップが流れていた。

従業員の動きがあわただしくなった。非常口を開ける手配をした後に「今日はもう閉めるからお客さんを帰してくれ」という声が聞こえたので、後かたずけをして食器を返却口に、本を棚に戻して、会計を済ませて外へ出た。

街の風景はいつもと変わらなかった。残った割引券を使う為に再び駅前のスーパーに行ったが棚から物が落ちてるとか、ビンが割れているとかの被害は無かったらしく、コーヒーを買ってバイクに乗って帰宅した。バス停では市営バスが2台並んで止まっていて、運転手が携帯片手にどこかへ連絡しているようだった。
『大きな地震だったからバスも営業所に運行判断を仰いでいるのかな?』と思った。

帰宅して母親と顔を合わせると同時に「大丈夫だった?」と口を開いた。家にも被害は無く、何も落ちたり割れたりもしていなかった。
ベッドの脇に積んであるマンガ本がそのままだったのが不思議なくらいだった^^;

TVでは日本列島の回りが赤い線で点滅して、津波警報が出されている事を知った。固定電話は通じなかったが携帯メールは普通に送れたので、東京の友人と妹家族、叔母の安否は確認出来た。千葉や小田原の大叔母達とも固定電話と携帯の両方で何度もリダイヤルを繰り返し(こういう時にチケット確保でリダイヤルしていた経験が物を言うなぁと我ながら感心した^^;)安否の確認が出来た頃、TVではヘリコプターがお台場での火事を映していたが、やがてそれは市川のコンビナート火災に変わった。

帰宅時間には間に合わないんだろうなぁと思っていたJRは早々にその日の全線運休を決めた。私鉄も動いていないとなったらどうやって帰宅するのだろう?そんな心配をしつつも妹とメールをしていたら、車で30分と離れていない妹宅は停電だと知った。

その頃TVでは巨大な津波が東北地方を襲っている映像が流れだした。あり得ない事に仙台空港にまで水が押し寄せていた。飛行機があるはずの場所に水が流れ込んできている。映画か?と思った。15年前に妹が住んでいた女川は壊滅状態だとアナウンサーが伝えた。

それからはずっとTVにくぎ付けだったが、妹の心配ごとは「明日、羽田から飛行機は飛ぶかなぁ?」だった^^; 12日の早朝、彼女は娘とシンガポールに旅立つ予定だったからだ。
ネットで確認すると乗る予定の飛行機はすでに羽田に到着していて、でも明日の出発は3時間遅れとのことだった。
『本当に行くの?(>_<)』   「飛行機が飛ぶなら行く(^^)/」

続きを読む "今日で3月も終わり…" »

梅を見て温泉で良い気分になって気を抜くと…^^;

Imgp1700

2月の終わり、天気の良い日に湯河原の南郷山~幕山まで読図をしながらの山行に参加しました。

湯河原駅集合・解散との事だったので、行きは小田原でおにぎり弁当を買い求め、湯河原駅には集合時間に余裕を持って行きたいと、時刻表を見比べた結果、大船から東海道線・小田原止まりに乗り、おにぎり弁当を買い、平塚発~熱海行きの東海道線に乗り換えて集合時間の30分前には湯河原駅に到着というルートを選びました。
久しぶりに時刻表で電車の組み合わせを楽しんだ、元・鉄子の私(*^-^)

Imgp1687

幕山公園の梅林は7分咲き。山頂では真鶴半島と相模湾の景色を眺め、幕山公園では紅梅・白梅、ミックスと様々な梅を堪能し、梅ソフトクリームも食べて、そこからタクシーで元・湯河原厚生年金会館、現在はニューウェルシティ湯河原と名前を変えた宿泊施設でお風呂を頂き、汗を流してさっぱり。

お土産も買いこんで、帰りは湯河原駅から東海道線で大船まで。かなり混んでいたけど先頭車両まで行くと運良く座ることが出来て、平塚駅では連結まで見てご満悦(゚▽゚*)

ウトウトしながら大船駅で降りて、階段を登っていると…

“Σ(゚□゚(゚□゚*) お土産を網棚に置き忘れたヾ(.;.;゚Д゚)ノ”

慌てて改札で忘れ物センターの場所を聞き(京浜東北線ホームの小田原寄りにあった)駆け込む私。
乗っていた電車は18:15に湯河原駅を出た東京行きの東海道線、平塚で4両の連結を見たので乗っていたのは5両目の進行方向右側の前から3つ目の2人かけのドアの横。
白い袋に梅の絵と「ニューウェルシティ湯河原」と書かれた紙袋で、中身は即席みそ汁とお煎餅…

何でこんなにスラスラ言えるかって言うと、網棚に忘れ物をしたのは始めてじゃなくてこれで4回目^^; なのでいつも座った場所を覚えておくのがクセになっているんですが、それ以前に忘れるなよって話ですね^^;

忘れ物センターの係員さんは横浜駅に電話をかけてくれますが、横浜駅は全然電話に出てくれない(/_;) そうこうしているうちに乗っていた東海道線は横浜駅を出発してしまう時間になってしまった。

「横浜駅は出ませんねぇ^^;」と駅員さん。『それじゃ次の川崎や品川に!!』と必死な私^^;
「それがですね、川崎や品川は人出が足りなくて忘れ物の確認が出来ないんですよ(^^ゞ東京駅に着くまで待つしかありませんね」と駅員さん。

しかも東京駅で見つかっても自分で受取に行かねばならないとの事。

『だったら今から東京駅へ向かいます!<`ヘ´>』と言ったんですが、無い可能性もあるので後30分くらいですから、見つかったのを確認してから東京駅へ向かった方が良いとアドバイスを頂いたのでその通りにすることにしました。

幸いにも大船駅にはエキナカがあって、本屋に併設されたカフェもある。読みたかった本を買ってコーヒーを飲みながら待つ事40分。
電車はとっくに東京駅に着いてるはずなのに連絡は無いし、荷物を軽くしたかったのにこんな所で重い本なんて買っちゃって何やってんだろ、私…

と、落ち込んでいた所に大船駅の忘れ物センターの係員さんから「見つかりましたから今から東京駅へ行って下さい。23時半ころまでは受け付けてくれるそうです。」

わかりました!ありがとうございます(^^)/のお礼の言葉も早々に電話を切って、一番早く東京に着く電車は…ちょうど大船駅に着いた東海道線に飛び乗り東京駅へ向かう私。

東京駅に着いたものの、忘れ物センターの場所が解らなかったので(何で黄色い案内板に載せてくれないんだろう?)八重洲北口の改札で駅員さんに尋ねる。すると

駅員さん「忘れ物センターは20時で終わりましたよ。」と言う。現在21時少し前。
私『でも大船駅の係員さんから23時半頃まで大丈夫と言われたんですが…』
駅員さん「ああ、そしたらホームで預かっているのかな?何時の電車ですか?」

ということで再び7番線の南口に向かってホームを歩く。駅員が駐在している部屋に入って事情を話すも「そんな話しは聞いて無いなぁ…」と冷たい言葉を言いながらもロッカーを空けるとそこに梅のデザインの袋が!
『それです!!その白い袋(≧∇≦)』

身分証明書と言うことで免許書(山行には要らないと思ったけど持ってて良かった)を出して、書類に住所、名前、電話番号と受取のサインをして無事に忘れ物は私の手に戻ったのでした(σ・∀・)σゲッツ

湯河原からスムーズに帰っていたら最寄駅には2時間半前には着いていたかと思うとグッタリですが、お土産袋はしっかりと腕に抱えて帰宅。
もう2度と網棚は使わないと誓ったのでした(^-^;

電話をかけてくれた大船駅の駅員さん、探してくれた東京駅の駅員さん、色々とどうもありがとうございましたm(__)m
でもね、東急・東横線で忘れ物して渋谷で連絡した時には、元町中華街から渋谷まで戻してくれたよ^^; 例えば東海道新幹線で東京駅で降りて忘れ物に気が付いたら、大阪駅まで受取に行かなきゃならないって事なのかしら^^; 

忘れ物をした方が悪いと言えばそうなんですけど、もうちょっと何とかならないですかね?

とりあえず私は”荷物は手から離すな”というのを今回の教訓にしますヾ(_ _*)ハンセイ・・・

地形図には隠された謎もある【南郷山~幕山】

Imgp1674

Imgp1642 結局この冬は雪や悪天候を体験しないまま春に突入しそうな晴れ女が向かった先は湯河原。
最寄駅には河津桜が満開、沈丁花の香りもする今日この頃、始めての現地集合(普段は横浜市内から往復観光バスで現地へ)なので早めに就寝したのに又もや深夜(23:50)のメールで起こされた(-_-X) 山行前夜に早寝をすると夜中にメール(それも緊急じゃないような)で起こされるのは運命なんでしょうか?(ノ_-。)

湯河原駅まで東海道線1本で行けるんだけど、今回の山行にはお弁当が付いていない。せっかくなので地元の何かをお弁当にしたいけど、湯河原駅に到着するのは集合時間の5分前だし(その1本前は踊り子号で特急料金が必要)湯河原駅の周辺は情報不足。その代わり小田原駅構内にはお弁当屋さんがあって、おにぎり弁当とか売ってるらしいということが解った(^.^) 「ハイキングのお供に…」なんて書いてあるし良いんじゃない?(^^) では小田原で途中下車して…と久しぶりに時刻表の組み合わせを始めると、平塚発で集合時間の30分前に湯河原駅に到着する電車を見つけた(^^)v
それじゃその前の小田原止まりの東海道に乗ってお弁当買って、平塚から来る東海道線に乗り換えれば、おにぎり弁当も買えるし、集合時間にも余裕を持って到着出来るって訳だ(^^)v 昔は時刻表のアチコチのページをめくりながら、良くこういう組み合わせやったよねぇ(実はワタクシ”鉄子”だったりもする^^;)

その為に40分早く家を出なきゃならないので早く寝たのに…と前に戻る(;-ω-)ノ

Imgp1645 さてこの時期、寒いのか暑いのか?悩む所。特に今回は公共の交通機関での移動時間が長いし、お風呂道具も持ち歩きなので荷物はなるべく減らしたい。湯河原までは上着着用でも、歩きだしたらそれはリュックに入れなければならないくらい暑いんだろうか?夕方から雨になるという天気予報だが、昼間は太陽が出たら暑いんだよねぇ…ここらへんが悩み所。結局、電車の中は暖房が効いているだろうし、そんなに厚着をしなくても良いだろうと言うところに落ち着いた。

乗り換えもスムーズに行き、小田原駅でおにぎり弁当を買い、集合時間にも余裕で湯河原駅に到着。トイレが行列だったけど集合時間に余裕があるって良いわ(^^) しかしなかり風が強くて寒い感じ。うーん、服装の選択を誤ったか?それと登山靴が緩く感じるのは靴下が劣化したのかな?
靴下の買い替え時ってどんなんだろう?プロの登山家は1回の山行で買い替えるって読んだけど、私はそんなに重い物を持ってる訳でも、長い時間酷使してる訳でも無いからねぇ^^;

パンフレットには【五郎神社】を出発ってことになってたけど、その少し手前の公園まで乗合タクシー。本日、幕山公園の梅は7分咲きだって。駅からずっと歩いているハイキング姿の人は南郷山には寄らずに幕山の梅林から幕山までを目指すのでしょうか?

Imgp1651 幼稚園の横の小さい公園でストレッチと班分けして、整置をしてから行程の確認。今日はN方ガイドの班に配属されるが、花粉症でサングラスにマスク姿のN方ガイドの姿はかなり怪しい^^;

五郎神社を右手にまずは南郷山を目指す。両側がミカン畑の車道なので車に気を付けて歩いて行くと無人売店で買ったであろう小さいミカンを手にしたN方ガイド。するとちょうど畑に居たおじさんがからも、もいだばかりのミカンを頂く。

Imgp1654 車道から南郷山への登山道に入り、しばらく歩いたところで最初の休憩。N方ガイドからミカンが配られる。皮が剥き難いけど一口サイズで甘酸っぱくて美味しい(^^)

おじさんから頂いた分もあったので一人2~3個食べられた。ミカンの名前聞いたんだけど忘れてしまった^^;何とかオレンジって言ってた気がするんだけどなぁ
(今、調べてみたらゴールデンオレンジという名前でした。発売期間は1カ月くらいと短いらしいので食べられた私達はラッキー(^^)v)

Imgp1660 北東に向かって歩き、そこから東に曲がって、次に北へ向かう時には登りになる…今回は磁北線を入れた地形図を2倍にし、コース沿いに標高を書き込み、尾根線や谷線も入れて自分なりには満足な地形図を持参した。ただ一つの不安は地形図を2枚張り合わせたが、磁北線の角度がそれぞれ微妙に違う事。これはどうするべきだったんだろうか?

そうそう、ストレッチをした公園で『これは参考にと思って…でも帰りには返して下さいね^^;』とHガイドから磁北線、ポイント、標高、方位、尾根線、谷線等…の入った地形図を渡された。しかし残念なことに、元々はカラー線だったのを白黒でコピーした際に濃すぎたので、何が何の線だか解らなくなってしまった^^; なので今回は自分のと渡された地図の両方を見比べながら歩いていた。Hガイドから配られた地図も磁北線が微妙にずれていたのでそれで良かったらしい(^^)

湯河原カンツリー倶楽部を右手にし、ゴルフ場敷地内との分岐点がD地点。ゴルフ場の回りは猪用の防護柵として電流が流れてるらしい。「さわるとキケン」の立て札を見ると何だかとても触ってみたくなるが、どれくらいの電流だか解らないので触りたい衝動をこらえる。N方ガイドに「どれくらいの電流がながれてるんでしょう?」と聞いたら、ここじゃないけど前に触ってみたらピリっとくるくらいだったと言うので「これも触ってみて貰えませんか?^^;」とお願いしたがキッパリお断りされた(/_;)

Imgp1656ゴルフ場の横の道で「これは何の木だか解りますか?前にも教えたかと思うけど…」とN方ガイドから質問されたので見上げると、枝が密集していないので「ほうの木ですか?」と答えたら「良く似てるんだけど幹にとげがあるでしょ。これは”からすさんしょう”の木です。下に実が落ちてるでしょ」と教えて頂いた。

Imgp1660 実が残っているものもあったが山椒の香りはせず、食べたらどうなんだろう?と思ってN方ガイドに聞いたらトランシーバーで植物に精通している後ろのHガイドに聞いてくれた^^; Hガイド曰く「香りもしないし山椒のような味もしない。マズイよ^^;」とのこと。食べた事あるのか?とN方ガイドと盛り上がっていた(笑)

ゴルフ場を抜けて一度林道に出る。林道を東に少し歩くと登りの階段が出てきてまた登山道になる。所々で右手の視界が開けると海が見える。少し登ったらトラバースして別の尾根を北西に登ると南郷山に到着。

もっと混んでいるかと思ったがそうでも無かった。ここで10分くらいの休憩を取る。

続きを読む "地形図には隠された謎もある【南郷山~幕山】" »

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »