フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2014年12月 »

2011年5月

2回目はドリル中心(^^)v

0923_onishiオリンピックメダリスト・大西順子さんのスイムレッスン2回目。今日からはコースを2つに分けて行うと言われました。で、何故か私は沢山泳ぐ(と言っても150mくらいの差)コースに入れられてしまい大慌てヾ(.;.;゚Д゚)ノ 先週がアップアップだったんだから無理じゃないの?(/□≦、)と思ったんですが大西さんから「綺麗に泳がれいたので(^.^)」なんて言われたら頑張っちゃうでしょうが^^;

今回は平泳ぎメインのドリルメニューでした。

☆アップ 100m

☆ドリル&SWIM(Fr)
●歩きながらローリングを意識 25m
●SWIM 1/3呼吸 25m     ●を4セット

☆SWIM(Fr)
●12.5m顔上げ&12.5mSWIM 25m☓2(40”)
●ゆっくり大きくSWIM 50m☓3(60”)   ●を2セット

☆SWIM ドル平 25m☓4

☆キック(Br) 足の内側で水を蹴るように 25m☓4

☆ドリル(Br) 25m☓4
奇数:2キック1ストローク
偶数:バタ・平 交互に

☆SWIM 25m☓2

合計1,050m
 

続きを読む "2回目はドリル中心(^^)v" »

オリンピックのメダリストコーチ(^^)v

20000923d839n012_231
ずっと山登りのカテゴリーしか書いていませんが、水泳は続けてます^^;止めてません。
それでも今は山登りが主になってしまったので、週に1回くらいしか泳いでないけど…

会社帰りにプールへ寄ってもスイムレッスンが遅い時間にしか無いので、どうも時間が潰せないのでついつい遠ざかってしまって…それでも去年までは水・金と遥々東京まで遠征していったのですが、コーチが変わってからはそちらもご無沙汰^^;

そんな時、ホームのフィットネスクラブでシドニーオリンピックの女子メドレーリレーで銅メダルを取った大西順子さんがコーチをしてくれるという企画が張り出されておりました(・∀・)イイ!

週1回で合計4回。しかもお値段は4回で¥4,200w(゚o゚)w 格安じゃないですか!前に大西さんが来た時には1回¥5,000近かったような記憶があるんですけど…

定員は16名との事なので『もう満員かな?』と申しこんでみたら全然余裕で入れて貰えました^^; 時間が遅いのが難点ですが^^; 平日の夜に格安なこの企画を”見逃す手は無い、行け!ウイーンへ♪”じゃなくてプールへ^^;

そんな訳で第1回目。スイムレッスンというからにはドリル中心かと思ったのに…Σ(゚д゚;)

続きを読む "オリンピックのメダリストコーチ(^^)v" »

やっぱり鬼門は下り道(・へ・)【丹沢主脈縦走・2日目】

Imgp1914
3:30起床 同室の人達は3時半前に起きて準備をしながらおしゃべりを始めてた^^; 耳せんをしていたんだけどその声で目が覚めたらしい。声が大きくてガイドさんに怒られてた(-_-) 大人なんだからさぁ…
昨夜、最後に目覚めたのは0:30だったかな?耳せんとスペースのおかげで思った以上に熟睡出来たみたい(^^) 朝食の前に昨日残ったサーモスのお湯をアルファ米に入れておいた。お昼はドライカレーだよん(^^)v

Imgp19073:50朝食はおでん定食。朝から暖かいおでんは嬉しかったけど、そんなに食べられるもんじゃないね^^; たまごは残してしまった(>_<) 
サーモスにお湯、Suica水筒にコーヒーを入れて貰う、合計¥1,100。
一度部屋に戻り支度を整えて日の出の時間に間に合う様に玄関を出る。

Imgp1916

夜明け前の山頂は気持ち良いくらいに澄んでいて、街は夜景とはまた別の光の中、そして反対側には雲海が広がり、雲海に浮かぶ富士山はとても神秘的でもありました。富士山から雲海を見たことはあるけど、雲海に浮かぶ富士山なんて始めて見たわw(゚o゚)w 富士山って色々な姿になるんですねぇ

Imgp19304:40 雲の切れ間に朝日が登ります。太陽って凄いですね、風景をどんどん変えて行きます。これは塔ノ岳に泊らないと見られない風景です。よっしゃー今日もがんばるぞp(^^)qそんな気持ちにさせてくれる朝の光。

5:00 小屋の前でストレッチをして5:15出発。昨日の疲れは全く残って無いし、寝不足も無いし体調は万全(^^)v 【塔ノ岳】からはしばらくなだらかな稜線の登り下りを繰り返す。まだ気温が上がっていないはずなのに太陽は眩しく暑い^^; 富士山を左手に見ながら歩くのは気持ち良い(◎´∀`)ノ 振り返ると塔ノ岳からの道が見える。こんな風に歩くのは始めてかも知れないなぁ。

Imgp1939
5:45 【日高】(ひったか)を過ぎる。一つ向こうに見えるのは箱根の山々。展望の良いのには訳があって、ブナが枯れてしまっていたからなのでした。オゾン層の破壊とか公害とか諸説あるみたいですが、ハッキリした原因は解らないらしいです。

Imgp1941
それともう一つ。足元は笹が小さく茂っていてまるでタワシの様^^; これは鹿が若目を食べてしまうから笹が育たないらしいです。そんな話しを聞きながら歩いているとをを!鹿発見∑(゚∇゚|||) 朝食中でありました^^; 

しかし不思議な事もありまして、《コバイケイソウ》という植物はアチコチに群生しています。葉っぱも大きく柔らかそうで見るからに美味しそうなんですが毒があって鹿も食べないのでこれだけは残っているらしい^^; 沢山の白い小さな花がトウモロコシみたいな形になるそうで、花が咲いている所を見たかったな。

Imgp1942
6:45 【丹沢山】(1,567.1m)に到着。ここで15分の休憩。みやま山荘には手洗い用の水があるし、小屋も綺麗で布団もフカフカだったそうです。しかし収容人数の関係で団体では泊れないそうな(/_;) もしも個人で登る事があったら泊ってみたいなぁと思いました。

朝食を残したからか?少しお腹が空いたのでMyカップに生姜湯を作り、アルファ米のドライカレーを食べてみました。不味くは無かったけどそんなに美味しい物でも無かったですな^^;

Imgp1948
【早戸川乗超】(トヤブッコシ)を過ぎて7:50 【不動ノ峰】の手前、休憩舎で休息。ここは屋根のある小屋があって、日光を避けるために屋根のある場所で休憩していたけど日陰に居ると寒く感じた。

【不動ノ峰】の案内板にはお不動さんがると書いてあったけど見つけられなかった。

Imgp1953
9:00【鬼ケ岩】に到着。ここはクサリ場でこのルートで唯一の難所^^; S藤ガイドに「下りと岩が苦手な人(^^)/」と言われたので躊躇なく手を挙げて先頭に行かせて貰った^^;

この【鬼ケ岩】が恐いの何のって(@Д@; 落ちるかも…落ちたら死ぬな…と思ったのは始めてだったかも^^; S藤ガイドに「右手はここ、右足をここに伸ばして…」と文字通り、手取り足とりでリードして貰ってやっと下りられた感じ。しかも後ろ向きでね^^;
クサリは握っても良いけど、体重はかけないでと言われて岩を握ったら何と!かなり大きい岩が縦に抜けてしまって

Imgp1955_2『えっとこれはどーしたら…(´Д`;≡;´Д`)アワアワ』
「そっと脚元に置いて下さい^^;」

後ろの人、手がかりを無くしてしまってすみませんm(__)m

降り切った尾根で後ろの人達を待っていたんですが、この尾根も細くて立ってるのが恐い。そして下りてくる人たちを見ていると落ちそうで、自分がコレを降りたのが信じられないくらい。

【鬼ケ岩】を下りて少し歩くと又もやクサリ場\(;゚∇゚)/ 2か所もあるなんて聞いてないよぉ~(ToT) 
ここもS藤ガイドにリードされて何とか無事に降り切った。

下りたからには登らなきゃならない。【蛭ケ岳】の最後の登りは階段状だったけどかなりキツかった(>_<)

続きを読む "やっぱり鬼門は下り道(・へ・)【丹沢主脈縦走・2日目】" »

始めてレインウェア着用【丹沢主脈縦走・1日目】

Imgp1886
5月からの登山スクールは宿泊山行になります。その1回目は神奈川県の面積の1/6を占める【丹沢】を南から北へ突っ切ってみるコース。
宿泊山行は去年の富士登山以来なので、荷物にも気を使います。極力軽くしたいけど必要なものは削れない…絶対に忘れちゃイケナイものは耳せんよね^^; アレは持った、コレも入れた、そうだこんなのも持って行った方が良いんだろうか…前日の夜は何だか心配でまるで遠足前の小学生みたいに中々寝つけませんでした^^;

Imgp18574:30起床 どんよりした雲は今にも雨が降り出しそう。私は晴れ女のハズなんだが、今日はさすがに雨は避けられない感じ。
いつもの通り山専ボトルにお湯500cc、Suica水筒にコーヒー300cc、ハイドレーションには水1Lを入れた。今日はその他に凍らせたアクエリアスのパック300ccを持った。ザックの重量は10kg。
家を出た時は雨は止んでいたけど晴れは期待出来ない雰囲気(-_-)

Imgp1858
今日の集合場所は小田急線の【渋沢駅】 駅前に朝6時から開店している【マルヤ】という和菓子屋さんがあって、おにぎりや太巻きが美味しいとネットで読んだ(^^) こんな機会でも無いと【渋沢駅】なんて行かないだろうからお昼とおやつを購入。お店は思った以上に小さかったけど^^;沢山の種類があって迷ってしまう(^.^) 山菜いなりと赤飯おにぎり、どら焼きと酒まんじゅうを買った(^^)v
駅前から【丹沢】を見てみたけど頂上は雲の中…

Imgp1863
8:10【渋沢駅】からタクシーで【大倉バス停】に向かう。バス停には【秦野ビジターセンター】があってかなり広い。ここでストレッチと班分けをしていると雨がポツポツと降り出した(>_<)
参加者35名にS本・S藤・K茂ガイド、添乗員はT内さんという男性ばかりの布陣。前回もそうだったけど、女性のガイド&添乗員はご無沙汰です。女性6人、男性4人のK茂班に入る。

Imgp1866
9:00 【大倉バス停】を出発して【大倉尾根】に向かう。小雨~霧雨~止むを繰り返すのでカッパを着たり脱いだり忙しい^^; 実は雨の中でカッパを着るのは始めてなので(防寒対策で着た事はある)もっと蒸れるのかと思ったけど、以外にそうでも無かった。とはいっても汗なのか雨なのか解らないくらいに濡れてはいたけど…

Imgp1868
9:41【観音茶屋】を過ぎた分岐で最初の休憩。雨が少し強くなってきたのでカッパの上下を着こむ。ここまではまだ樹林帯の中なので雨もそんなに感じなかったんだけどね。

10:19【雑事場ノ平】 テーブルがポツンとあるだけの場所だったけど雨が止んだのでカッパは脱いだ。結局ここから先はカッパの上だけの着脱になった。
Imgp1870丹沢にこれほど山小屋や茶屋があるとは知らなかった(@_@。10:23に通り過ぎた【見晴茶屋】は宿泊可能なのかな?綺麗なテラス付きで晴れていたら展望も良さそうだったが生憎の雨で何も見えなかった。
【見晴茶屋】を過ぎると木の階段になる。ふと見るとズボンの裾の内側がドロドロ(>_<) ガニ股で歩いているので踵で逆のズボンを蹴っているらしい。まっすぐ歩けばこんな風にはならないんだな。歩き方に気を付けなきゃ…

10:50 【一本松】で休憩。【一本松】というくらいだから松の木がポツンと1本…と思ったんだけど回りには桜や何やら木がいっぱいで松がどれやら^^;

Imgp1877
11:23 【駒止茶屋】(905m)を通り過ぎ、12:00【堀山の家】で休憩。トイレは¥50だった(借りなかったけど) 事前に「丹沢のトイレは¥50の所が多いよ」と教えて貰っていたので¥50玉を何枚か持っていたが、¥100玉しか持っていない人が多くて二人一組でトイレを借りてた^^; 山菜いなりとパンを少し食べる。お腹が空いてるようであまり入らない。天気が良かったら気分も違うんだろうなぁと思うけど、土砂降りじゃないだけマシだと思うことにする。

ここから先もまた木段が続く。丹沢は良く整備されていて、木段や木道があちこに出てくるし、水吐け用のくぼみに合ったシャベルも用意されている(写真を撮れたら良かったけど…形容が難しいので実際に行って見て下さい^^;)

Imgp1881
12:36【天神尾根分岐】(1,128m)を通過して、13:32【花立山荘】(1,300m)に到着・休憩。今日は時間に余裕があるという話しだったけど1時間歩いて10分休憩のペース。この山荘にはおしるこやかき氷が売っていた。蒸し暑くてかき氷が食べたかったけど、10分では食べられないので諦めて赤飯おにぎりを食べる。
山荘の前では《こいのぼり》が出迎えてくれた(^^)/ 

明るい緑が春山を感じさせてくれるし、所々に花も咲いている。実はマメ桜が満開だと思っていたんだけど、まだ咲いて無かったり散ってしまったりで満開の木は見られなかったのが残念。

続きを読む "始めてレインウェア着用【丹沢主脈縦走・1日目】" »

コストコ恐るべし(@_@;;;;)

山行の行動食&非常食にチョコレートはつきものです。遭難した人がチョコレート1枚で何日も生き延びた…なんて話しは良く聞きますからね。軽くて高カロリー…しかし高温のリュックの中で溶けてしまうのが難点でもあります。

そこで登山のお供に選ばれるのが【m&m】の糖衣チョコレート。私の知ってる限りではミルク、ピーナツ、クリスピー、ミントなんて種類がありまして、最近アーモンドも見つけました(^^)v1袋45gで¥90~¥100。ミルクとピーナツだけはテトラパックの小袋が10袋入ったパーティーサイズ(¥300くらい?)も見かけます。

山行の度にこれを買うのが結構面倒でね、しかもいつもあるとは限らないのでスーパーをはしごすることもしばしば。
そこでコストコ会員である妹に『アメリカのチョコなんだからコストコにはあるはず。買ってくれ!』と依頼しました。

すると「37パック¥1,380で売ってるけどミルクとピーナツの両方買う?」とメールが来たので
『37パックで¥1,380って事は半額以下じゃないの(^^)v両方買ってちょうだい』とお願いしたならこんなのが届きました。

Imgp1852_5Imgp1853_7『ちょっ!!何これΣ((oÅO艸*)』

それは1袋56oz 1587.6gのXXLサイズ!しかも小分けされていなくてドドォ~んと1袋!!(゚ロ゚屮)屮

『どこが37パックよ(`Д´)』 「えっここに…」と指差す先には小さく【37SERVINGS PER PACK】と書いてありました^^; たぶんそれ37パックって意味とは違うから^^;;;;じゃどういう意味って言われても分かんないけど…

賞味期限は来年の1月だけどそれまでに一人で消費するのはムリ…いや、消費したくないし(ノд・。)

コストコは値段で考えちゃイケマセン。キャンベルのスープが2缶で¥300でも1缶消費するのに4人家族で2日かかるくらいの業務用サイズが来ちゃいますから^^;;;;;

最後の日帰り山行も晴れ(^^)v 【本仁田山】

Imgp1851

登山スクールも5月からは後半開始です。全日程が宿泊となり終了山行・北岳へとステップアップしていく訳です。それに伴い参加費用もアップする訳ですが^^;

Imgp1809 そんな訳で日帰り山行はこの《本仁田山》が最後になります。そして今回も現地集合。集合場所は青梅線・《鳩ノ巣駅》 震災の後の《雷電山》に行く時に《軍畑駅》で集合した事はありますが《鳩ノ巣駅》はそれよりも奥多摩寄りになります。そして集合時間も変わらなかったので前と同じルートで《鳩ノ巣駅》に向かいました。

《青梅駅》で乗り換えの時間に余裕を持ってトイレを借りて、ホームのお蕎麦やさんを覗いたら今回はありましたヽ(^o^)丿【くるみ大福】 もちろん買いましたよ(^^)v

Imgp18182日前の天気予報では”雨”だったので『始めてレインウェアを着て登山することになるのか…まっ、これも経験だよね^^;』と覚悟していたのですが、やっぱりそこは晴れ女の私。雨を1日前倒しさせて本日は快晴(^^)v 昨日はかなりの豪雨でしたから昨日登った人たちは奥多摩駅からの往復にルート変更したみたいですが、それでもかなり大変だったみたいです^^;

《鳩ノ巣駅》も《軍畑駅》と同じく無人駅ですが駅舎はこっちの方がシャレてます(^^)
駅の裏手にある駐車場へ移動して遅刻してきた人を待つ間に班分けをしてトイレを済ませます。今日はM崎、N方ガイドとT内添乗員という男性陣で編成されてました。

Imgp18259:45《鳩ノ巣駅》(310m)裏手を出発して私有地(?)から《花折戸尾根》のルートへ入ります。最初の登りはかなり急で、ぬかるみもあって登るのに苦労します。本日も針葉樹林帯の山なので陽は当たらないのにすぐに暑くなって汗が落ちます。550mくらいまできつい斜面が続きますがそこから600mくらいは緩やかな登りになります。

10:20最初の休憩。このルートはメジャーでは無いので滅多に(というか誰とも)人には出会いません。普通は《鳩ノ巣駅》から《杉ノ殿尾根》を進み《コブタカ山》に向かうみたいです。先頭のM崎ガイドが「今日は先に1人しか登って無いらしいね。足跡が一人分しか無い。それも所々で滑っているからあまり慣れていない人かも^^;」と刑事のような洞察力。

Imgp182211:20 700mくらいの場所で2度目の休憩です。そろそろお腹も空いたのでここで昨日、沖縄物産展で買った”じゅーしー入りかまぼこ”を食べることにしました。”じゅーしー”というのは混ぜご飯のことです。それが中に詰まってる”かまぼこ”で石垣島ではポピュラーな食べ物みたいですが私は始めて食べました。これならリュックの中で潰れないしおかずとご飯が一緒に食べられるので良いかも(^^)v

そうそう、本日の忘れ物としてはサングラスですかね。森の中を歩いている時にはあまり必要性を感じませんが、少し開けた所では日差しが眩しくてそろそろ必要な季節になりました。今日はハイドレーションに水を1L入れてきたので水分補給はバッチリです(^^)v

Imgp1826春になって緑も濃くなったし花も沢山咲いています。M崎ガイドはあまり植物には詳しく無いそうですがいちごのような葉っぱに黄色い小さな花は〔キジムシロ〕だと教えてくれました。

他にもすみれを見かけたのですが「すみれはすみれで一くくり^^;」にされちゃいました(笑)

Imgp1829 背の低い白い花が咲いてる桜みたいな木があったので『これは桜なのかなぁ?』と呟いたら後ろの男性が「それは〔ヤマブキ〕ですよ」と教えてくれました。『〔ヤマブキ〕って黄色じゃないんですか?』と聞くと「黄色も白もあるんですよ」と。植物にも詳しくなったら山行の楽しみが増えるので、これからも少しずつ覚えて以降と思います。

写真の〔すずらん〕の様な白い花が咲いてるのは〔アセビ〕です。写真に撮っておいて、帰宅してからネットで調べるのも一つの方法ですね(^^)

Imgp1828700m~900mくらいは比較的緩やかな登りですが、その先は等高線が細かくなっていて、つまりかなり辛い登りな訳です(/_;)
どれくらい辛いかと言うと、長水路でバタフライを泳ぐくらい辛いです。つまりはてしなく長く感じるので前(上)を見たくない感じ(>_<)

それと前回もそうでしたが、休憩時間が短く、歩く時間が長くなってます。以前は45分で15分くらいの休憩だったのが、前回からは1時間歩いて5分~10分の休憩になりました。それでもそこそこ着いて行かれるのだから慣れたのかというとそういう訳では無くて、登りはかなりゆっくりしたペースを作ってくれるんですね。まぁこんな急斜面をガンガン登れませんが…

写真でおわかりの様に週末組は等間隔で、着かず離れずの距離を保って前の人のペースに合わせ、時々はおしゃべりをしながら、でも黙々と歩きます。こっちの方に慣れてしまった私は平日組に違和感を覚えてしまったんでしょう。

Imgp183012:26《ゴンザス 花折戸尾根分岐》を通過。ここでやっと自分の位置が正確に解ります。高度計を持っていないので、登りばかりのほぼ直線のルートではドコに居るのか解らないんですよ^^;

分岐までは北西に向かっていましたが、ここからは北北西に角度を変えて少し緩やかな登りになります。

Imgp1832 12:36《チクマ山》(1,040m)を通過^^; ここは山頂と言っても広場やベンチがある訳でも三角点や立て札がある訳でも無く、唯一の目印が木に打ちつけられた看板でした(゚0゚) ちょっとビックリですね。

《チクマ山》からは少し下り道になり、再び登り返すコルで一休みしたのは12:32の事でした。
地図を確認すると1,100mまでは緩やかな登りですが、そこから分岐までの高低差100mの登りはかなりのものです^^; そして実際にもかなりなものでした(>_<) だってね、上を見上げて『あそこまで…』と思うとその先がまだまだ続くんです(ToT) 

続きを読む "最後の日帰り山行も晴れ(^^)v 【本仁田山】" »

8時間歩き通せるかな?【高尾・北高尾山稜】

Imgp1794

この登山スクールも5月からは宿泊山行になる。その前に長時間の山行と高所の山行が組まれている。今までの山行は5時間くらいだったが、今日の予定は8時間以上^^; 毎年なら3月に沼津アルプスがあったのが、今年は震災の影響で中止になったので、13期にとっては辛い山行になるだろう。エスケープルートも考えてはあるが、なるべくは予定通りのコースを完歩したいと、先日の机上講座で言われた。

Imgp1749 今日の集合場所は中央線・高尾駅。まだJRの運行が通常では無いので、集合時間には十分に間に合うように余裕を持って家を出る。良い天気だが朝が早いので少し寒い。
案の定、八王子駅で中央線が遅延していたが、7:50《高尾駅》に到着。トイレを済ませて改札口横にあったお店でおにぎりを2個買った(^^)

現地集合になってから、電車の時間はもちろん、乗り換え駅や到着駅の構内図で「何か美味しいものは無いかしら(゚m゚*)」と検索する楽しみが増えました(^^)v

今日は中央線の他にも相模線で遅延したらしかったが、全員がほぼ集合時間に間に合った。

Imgp1750 タクシーに分乗して《八王子城跡》へ。管理棟の前の広場でストレッチ、黙祷、班分けをして9:15出発。本日はN方、I田ガイドにT内添乗員。最初はI田ガイド班になった。

地形図では管理棟がハッキリ解らず(八王子城跡の文字の上に●が3個ある場所では無いのは解った)地形図は八王子と与瀬の境目だったので、与瀬の必要部分だけを2倍にして持って行ったがそれでもA4が3枚になった^^; ついでにこの地形図だけど【与瀬】を買うはずが【与野】を買ってしまって買い直すハメになった(-_-)

Imgp1752 木の鳥居をくぐり、ゆるゆるとした斜面を登って行くと【五合目】とか【七合目】とかの石柱がある。地形図上にある鳥居のマークがさっきくぐった木製の鳥居だとして…ドコが頂上になるんだろう?と疑問に思いながら歩いて行くと八合目の分岐で温度調節の為の休憩。そこでやっと与瀬の地図に入った事を知りました^^; 鳥居のマークまではまだまだってことだね

Imgp1760いつもは週末に参加するこの登山スクールですが、今日は平日組に参加してます。週末組と平日組では雰囲気もだいぶ違いましてね、平日組はグループが出来あがっている様で、皆さん仲良しでかなり自由奔放な感じです^^;。週末組は真面目。

そんな訳で以前参加した時にはバスの中でもガイドさんの言うことなんて聞いて無くて、私語が多いなぁと感じましたけど、歩いている最中も勝手に立ち止まって植物の講義をしだしたり、読図をしたりとかなり自由気ままな皆さん^^; ガイドさんの言うことに耳を傾けながら、ペースを乱さず、立ち止まった所以外では写真も取らない週末組の私としてはかなり困惑してました。そんな感じで立ち止まられたのがこの《マムシ草》 サトイモ科 テンナンショウ属 という山ではポピュラーな植物だそうで、秋には赤い実を付けるそうです。

Imgp1762_2 Imgp1764_210:00地形図の鳥居の場所《八王子神社》に到着、5分間の休憩。天狗は高尾周辺の守り神なのかな?ここにも天狗様がいらっしゃいました。

《八王子神社》の少し上が山頂の《城山》になります。正直に言ってココからがスタートかな?って感じでした。今まではウォーミングアップみたいなもの?何せ私の地図上には無かったのでね^^;

《八王子神社》から《八王子城・天守閣跡》までは一旦下ってまた登り始めます。今日のルートはひたすら登り下りを繰り返すコースです。確か40回ほど登りがあると聞いてます^^; それを一つ一つ数えてる人も居てちょっとウンザリ┐(´д`)┌ヤレヤレ 

Imgp176810:33《天守閣跡》を通り過ぎてピークを一つ越えて11:10《富士見台》に到着。ここで5分の休憩。
《富士見台》とは”富士山が見える高台”ということで、今日のルートで唯一、富士山が見える場所です。ずっと針葉樹の中を歩いて来て、やっと展望が開けた感じです。富士山は綺麗でした(*゚▽゚)ノ こういう景色がずっと見られるのなら元気に歩けるんですが、そんな訳にはいか無いんですよねぇ^^;

Imgp1770富士見台を過ぎて次のピークが《杉沢の頭》(547.4m)です。もちろん休憩は無い訳で、ピーク毎に休憩してたら相模原の駅まで着きませんから^^;

《杉沢の頭》からは少し急な斜面を下り、コルを過ぎるとまた再び登って《高ドッケ》(560m)を過ぎたら緩やかな下り道になります。登って下りてを繰り返しているので標高が上がらず、従って所々に見える風景が変わらない(-_-)

《板当山》(562m)を過ぎて下りた場所で10分の休憩。この時12:10でしたので歩き始めてから3時間ということになります。
12:23《狐塚峠》(450m)を過ぎて12:55《杉ノ丸》(612m)までが拡大した地形図1枚分。やっと1/3歩いたんだわ^^;という気持ちになりました。

続きを読む "8時間歩き通せるかな?【高尾・北高尾山稜】" »

« 2011年4月 | トップページ | 2014年12月 »