フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(4) | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(6) »

ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(5)

Img_1070

タダパニ → デウラリ → ゴラパニ(標高差550m)

12月31日(水) 晴れ

モーニングノックが来る前に目が覚めてしまい、部屋の窓から朝焼けを見ていた。寝袋の袋詰めも慣れてインナー毛布も一緒に詰められた。顔を洗って身支度を整えてから今年最後の日の出と朝日の当たる山々をカメラに収めてから朝食。本日のメニューはお粥にパンケーキとゆで卵。お粥の小麦粉を焼いたものに卵料理がこのツアーの朝食の定番らしい。

8:00 タダパニ出発。石段を下って下ってどんどん下る。タダパニは標高2630mで今日の最高地点は3180m。と言うことは登るはずなんだが、今日の行程は下って、登ってまた下って登っての繰り返し。案の定、石の橋を渡ると今度は石段の登りが待っていた。オマケに北斜面なのか雪が残っていて所々凍っている。登りの時は30分毎に休憩を入れてくれるのでちょっと楽。それにしても今日は良く人とすれ違う。昨日まではロバか馬としかすれ違わなかったのに今日は様々な国のトレッカーとすれ違うので「ナマスティ」とか「hello」とか「アンニョンハセヨー」もあったけど「ナマステヨー」には笑った。

マチャプチャレが次第に遠ざかり、アンナプルナサウスが大きくなってきた。

12:30 デウラリに到着。猫が居るロッジで昼食。ネパールでは犬は沢山見たけど猫を見るのは初めてだった。メニューはラーメンとサンドウィッチにポテト。昼が麺類なのは時間短縮の関係なのでしょう。登りが辛かった割に完食出来た。

13:15 出発。ここから更に登りが続きますと言われたけど石段では無かったのとそんなに急登でも無かったしゆっくり登ってくれるので比較的に楽だった。と言うより昼食前の石段の登りの方が辛過ぎた。

この頃になると列の順番が確定される。私は常に先頭ガイド・カジさんの後ろを歩かせて貰った。カジさんの日本語は単語で、私の英語も単語。それでも何とか通じるのだが時にはとんでもない間違いもする^^;

カジさんが花を指差して「かみ つける」と言うので何か良い香りでもするのかと思って「髪に付けるんだって」と後ろの人に伝えたら「ボイル かみ つくる」=「茹でて紙を作る材料になる植物」だった^^;;;; ネパールでも紙すきやってたよね。

しゃくなげのトンネルの間からチラチラとダウラギリが見えて来たので登りで辛かったけどテンションが上がる\(^o^)/ そしてかつて茶屋があった様な展望の良い場所に到着。360度のパノラマの遠くにマチャプチャレ、そして8160mのダウラギリとアンナプルナ・サウスの間にアンナプルナⅠ峰が見える。もう一方には人工物が何も無い山脈がいくつも重なって、そう、まるで熊野古道で見た風景の様だ。

撮影会も終わってここから1時間半の下り。石段の下りは辛くて、標高差は320mくらいだし段差もそんなに無いのにどうしてこんなにキツク感じるんだろうと思っていた頃、ゴラパニの集落の入口が見えた。

15:30 ゴラパニ着 1日早い別のツアーとここで一緒になった。我々のツアーが満席で諦めて1日早いツアーにしたそうだ。我々のツアーは「鈴木みきさんと行く…」とういうツアーなのだが、最初からみきさんが居たので【特別な人】というイメージが無かったのだが(みきさんが気さくな方で普通にツアーに参加している人みたいだったのです^^; 私はガンドルンで本にサインを頂きましたが…)ここでは写真攻めにあっていた^^; 

同室はポカラの時と同じTさん。本日のティータイムはお餅入りのお汁粉でした(^^)甘さもちょうど良くてお餅はトロトロで美味しかった(^.^)

ゴラパニには郵便局があると聞いていたのですが、前はあったけど今は無いと言うことでここでも絵葉書は出せず。日本みたいに国内のどこからでも出せる訳では無いのね。

「高山病の心配もありますし、山の中ではあまり飲まない方が良いですよ」と言われていたけど毎晩【居酒屋】が開店していて、私は飲まないのに何故だか飲む人達とテンションが合っていたので居酒屋チームと同じテーブルになることが多かったです。

今晩のメニューは椎茸そばとカレー^^; 組み合わせはどうなんだろう?と思ったけど年越しそばってことなのかな?

日本との時差は-3時間15分なので日本時間でカウントダウンをしようと、食堂のストーブを囲んで時間待ち。我々のツアーと韓国人のお嬢さん2人とガイドにシェルパにキッチンボーイ達と英語、韓国語、日本語が混ざっての談話ってそれなりに通じるものなのね。Kさんは韓国ドラマが好きで韓国語を覚えたと言ってお嬢さんたちとドラマの話しをしていたし、三浦雄一郎さんと一緒にエベレストに登ったというガイドさんはその時のTシャツを見せてくれた。ウチのガイドのカジさんはイモトアヤコさんとマナスルに登ったらしい^^; コック長も三浦雄一郎さんのエベレスト組だし、こんなシロウトのトレッキングに着き合わせてしまって申し訳ないような人達がゴロゴロ居るのが不思議^^;;;; パサンさんもエベレストには14回アタックして7回登頂したと言ってたけどマジでリスペクトしちゃうわ。

なんて話しをしていると現地時間の21時45分が近くなったので10秒前からカウントダウンをして新年を祝いました。

22:00就寝

« ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(4) | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(6) »

散歩 旅行 ハイキング 登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27052/60992630

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(5):

« ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(4) | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(6) »