フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スノーシュー初体験 | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(8) »

ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(7)

Img_1107

ゴレパニ → プーンヒル → ゴレパニ → ナンゲタンティ → バンタンティ → ヒレ → ティルケドゥンガ → ヒレ (標高差1763m)

1月1日 (木) 曇り時々晴れ

あけましておめでとうございます<m(__)m> 生まれて初めて海外で年越しを致しました!(^^)!

と言っても特に変わった事をした訳では無く、現地時間の22時、つまり現地ではまだ年が明けて無いうちに寝袋に入ってしまった訳ですが、現地に方々はちゃんと現地時間で年越しをしていた様で話し声や音楽が聞こえていましたね。

しかし我々は5時起床で5時半にロッジを出発しプーンヒルで初日の出を迎えるという予定でしたので夜更かしは出来ないのでありました^^;

支度に手間取ってしまって出発時間ギリギリに集合場所に着いて慌てたまま出発。真っ暗なゴラパニの集落をヘッドライトに頼りながら歩くのですが何故か息が上がってしまって集落を出る前からバテでしまう。

プーンヒルに登るには入場料みたいなものが必要で、早朝だというのにちゃんと係員が居て徴収しているのに驚いた(@_@) ゲートをくぐってひたすら石段を登る。かなりの人で渋滞しているのに息が全然整わないし足に力が入らないので20分程歩いた後、列の後ろに回って自分のペースで歩く。
最初の休憩でサックをガイドのダワさんに持ってカラ身で歩く事にする。風邪で不調のSさんもカラ身で、二人で後ろから着いて行くことにすると随分楽になった。

空が明るくなってきて、日の出に間に合うかどうか心配だったけど余裕で間に合った。そえにしても私達が登っている途中で下りてくる何人かとすれ違った。暗い中を山頂まで行って初日の出も見ずに引き返すというのは良く解らないと思ったが、昨夜雑談で「せっかちな国の人はとりあえず早く登って早く下りることが自慢らしく、山頂で日の出を待つことはしない」と誰かが話していたのでそんなこともあるのだろう。

ところが山頂に着いたものの雲が多く日の出が拝めそうに無い。山頂はかなりの人が居て初日の出を待っていたが半分は諦めムード。もしかしたら先ほどすれ違った人達も諦めて引き返したのかも?

しかし!神様は我々を見捨てなかった(^^)v ほんの数分だったけど雲の切れ間から見事な初日の出\(^▽^)/ これを見る為に登って来たんだからさぁ。急いで写真を撮りまくって、集合写真も撮って…願い事するのを忘れた(>_<)

ダウラギリやサウスやマチャプチャレはずっと雲の中だったけど、何とか目的は果たせたので下山。ふと展望台の横を見るとカフェ(と言っても暖かい飲み物を売ってるだけ)もあった様だった。

景色に満足したし、下山だから大丈夫でしょうと自分のザックは自分で背負ってロッジに戻る。途中、雪が凍って滑りやすい所が何か所かあったけどカジさんが「滑る」と教えてくれたのでちゃんと回避した。

そうそう!登る時にはカジさん、ダワさん、パサンさんしか居なくて「今朝はゲル君居ないのね。」と思ったら下山の時には姿を現した。しかも足元は素足にサンダル^^; カジさんとの会話を聞いていたらどうも寝坊したらしい(笑) 昨夜は年明けカウントダウン(現地時間でね)で飲み過ぎたらしい^^; 誰も起こしてくれなかったのかね?

ロッジに戻ると朝食が準備されていた。何と鏡餅にお酒、黒豆に昆布巻き、そしてお雑煮(@_@) 祝い箸を持って行ったので余計にお正月らしい雰囲気になった(^^)v

朝食後にロッジを出発。本日の行程は「ひたすら下る」^^; ポカラで買った地図によればゴラパニ(2,860m)で本日の宿があるヒレ(1,430m)の高低差はちょうど1,430m(@_@;;

3時間とちょっと歩いてバンタンティで昼食。メニューは温かいそうめんにさくさくコロッケ。眺めの良いテラスでの食事だったけど曇り空で少し寒かった。コロッケは美味しかったけど2つは食べられず。

昼食後1時間半でウレリ着。ここまでの下りの石段は段差が小さかったけど、ウレリから先は段差が大きくなって急になるとの事。はるか下にヒレの集落が見える。ストックを持つ手に重心がかかり、それでも踏ん張りが利かなくなって重心が前にかからなくなる。膝痛は無いけど膝が笑ってしまって足が前に出なくなる。ティルケドゥンガ直前でダワさんに荷物を持って貰う。

ティルケドゥンガには橋があって、そこからヒレまでは20分程と言われていたが、その橋が何と【吊り橋】(>_<) 滑りそうな鉄の足元からは遥か下の川が見えるという、高所恐怖症の私にとっては拷問の様な橋。ワイヤーだけで支えられている様でもちろん揺れる(ToT)
ダワさんに支えられながら下を見ない様にして何とか渡るとそこから5分後に又もや吊り橋(ToT)(ToT) 2つもあるなんて聞いてないよ(/_;)

吊り橋をクリアして後20分と思ったのに20分過ぎても30分過ぎてもヒレのロッジは見えず。結局1時間後にヘロヘロになってやっとヒレのロッジに到着。

« スノーシュー初体験 | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(8) »

散歩 旅行 ハイキング 登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27052/61000806

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(7):

« スノーシュー初体験 | トップページ | ネパール アンナプルナ・ダウラギリトレッキング(8) »